Publications


□ 学術論文

田口 亮,木村 優志,小玉 智志,篠原 修二,入部 百合絵,桂田 浩一,新田 恒雄:"幼児の学習バイアスを利用したエージェントによる語意学習の効率化",人工知能学会論文誌,Vol.22, No.4, pp 444-453 (2007). [Download]

篠原 修二,田口 亮,橋本 敬,桂田 浩一,新田 恒雄: "幼児エージェントにおけるバイアスの形成と言語の構造化", 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用,Vol.48, No.SIG2(TOM16),pp.125-146 (2007).

篠原 修二,田口 亮,橋本 敬,桂田 浩一,新田 恒雄: "語彙学習エージェントにおけるバイアスの自律調整について" 人工知能学会論文誌,Vol.22,No.2,pp.103-114 (2007). [Download]

篠原 修二,田口 亮,桂田 浩一,新田 恒雄: "因果性に基づく信念形成モデルとN本腕バンディット問題への適用" 人工知能学会論文誌,Vol.22,No.1,pp.58-68 (2007). [Download]

Yurie Iribe,Shuji Shinohara, Kyoichi Matsuura, Ryo Taguchi, Kouichi Katsurada, Yusuke Sekiguchi and Tsuneo Nitta: "Development of Self-Learning Support System Using Arousal Level and Lecture Information", International Journal of Computer Science and Network Security, Vol.6, No.8, pp.11-17 (2006-8).

田口 亮,篠原 修二,桂田 浩一,入部 百合絵,新田 恒雄:"エージェントによる語意学習効率化のための対話戦略獲得",ヒューマンインタフェース学会論文誌,8巻3号, pp.71-82(2006).

山田 博文,松田 和彦,田口 亮,桂田 浩一,小林 聡,新田 恒雄:講義再現システムにおけるスライド重要度抽出,人工知能学会誌,Vol.17, No.4, pp.481-489 (2002)


□ 国際会議

Ryo Taguchi, Masashi Kimura, Shuji Shinohara, Kouichi Katsurada, and Tsuneo Nitta: "Implementation of Biases Observed in Children's Language Development into Agents", In P. Vogt et al., editor, Symbol Grounding and Beyond (LNAI 4211): In Proc. of the Third International Workshop on the Emergence and Evolution of Linguistic Communication, pages 143-167. Springer. ( Roma, 2006.9 )

Ryo Taguchi, Kouichi Katsurada and Tsuneo Nitta: "Dialog Strategy Acquisition and Its Evaluation for Efficient Learning of Word Meanings by Agents", In P. Vogt et al., editor, Symbol Grounding and Beyond (LNAI 4211): In Proc. of the Third International Workshop on the Emergence and Evolution of Linguistic Communication, pages 45-56. Springer. ( Roma, 2006.9 )

Ryo Taguchi, Masashi Kimura, Shuji Shinohara, Kouichi Katsurada and Tsuneo Nitta: "Implementation of Biases Observed in Child Development into Concept Learning Agent", In Proc. of the IASTED International Conference on Artificial Intelligence and Applications, pp.507-512 (Innsbruck, 2006-2).

Ryo TAGUCHI, Kouichi KATSURADA and Tsuneo NITTA: "Automatic Acquisition of Dialog Strategies for Concept Learning through Interaction among Agents", In Proc. of IEEE Conference on Cybernetics and Intelligent Systems, FM7.1 (Singapore, 2004-12).



□ 口頭発表


講演発表(筆頭)

田口 亮, 岩橋 直人, 新田 恒雄:"ロボットによる実世界状況を反映した質問・応答の学習",人工知能学会研究会資料 SIG-SLUD-,pp.15-20 (2007-3).

田口亮,篠原修二,桂田浩一,新田恒雄: "Agent-Agent対話により獲得した戦略に対する人間-Agent対話からの実験評価",日本認知科学会第23回大会,pp.304-305,2006.

田口亮, 木村優志, 篠原修二, 桂田浩一, 新田恒雄: "Online-EMによる語意学習機構と学習バイアスの適用",電子情報通信学会技術研究報告,SP2005-93,pp.19-24,2005.

田口亮,桂田浩一,新田恒雄: "概念学習を効率化するための対話戦略とその獲得,情報処理学会研究報告",2005-SLP-69,pp.75-80,2005.

田口亮: "概念学習を効率化するための対話戦略",MYCOM2005,pp.13-16,2005.

田口亮,桂田浩一,新田恒雄: "対話学習エージェントの戦略獲得におけるプランニングの適用",人工知能学会全国大会,3E1-04,2005.

田口亮,桂田浩一,新田恒雄: "並列学習を利用した対話戦略の獲得,人工知能学会全国大会", 1A2-02,2004.

田口亮,山本航,桂田浩一,新田恒雄: "Infant Agents間相互対話による対話戦略の自動獲得",人工知能学会研究会資料,SIG-SLUD-A302-04,pp.15-20,2003.

田口亮,山本航,桂田浩一,新田恒雄: "Infant Agents間の対話による概念獲得と対話戦略",人工知能学会全国大会,2D1-05,2003.

田口亮,山本航,桂田浩一,新田恒雄: "Infant Agents 間の対話による概念獲得と対話戦略が与える影響",電子情報通信学会技術研究報告, NLC,102(528),pp.67-72,2002.



講演発表(共著)

溝口 勇太,田口 亮,木村 優志,篠原 修二,入部 百合絵,桂田 浩一,新田 恒雄: "相手モデルを利用した対話エージェントの教示戦略,人工知能学会全国大会", 2G5-1 (2007-6).

作元 佑輔,田口 亮,篠原 修二,入部 百合絵,桂田 浩一,新田 恒雄: “エージェント間の対話における非論理バイアスの有効性”,情報処理学会第69回全国大会論文集,6R-7 (2007-3).

木村優志,田口亮,篠原修二,桂田浩一,新田恒雄: "語意自動獲得における学習バイアスの効果",日本認知科学会第23回大会,pp.300-301,2006.

篠原修二,田口亮,橋本敬,桂田浩一,新田恒雄: "形容詞/名詞の分化と典型的事例の自己組織化に関する構成論的モデル",日本認知科学会第23回大会,pp.296-297,2006.

本間英晃,山田博文,田口亮,新田恒雄: "平均顔を用いたブースティングによる表情認識,電子情報通信学会技術研究報告",PRMU2005-174,105(534),pp.147-152,2006.

篠原修二,田口亮,桂田浩一,新田恒雄: "幼児エージェントによるバイアスの形成と言語獲得過程におけるその効果",電子情報通信学会技術研究報告,SP2005-133,105(496),pp.133-138,2005.

木村優志,田口亮,桂田浩一,新田恒雄: "人間とロボットが混在する対話空間の構築を目指して―共通概念獲得方法の検討―",電子情報通信学会技術研究報告,NLC2005-33,pp.53-56,2005.

新田恒雄,小玉智志,田口亮,木村優志,桂田浩一: "生得的学習バイアスを適用したInfant Agentによる概念獲得",情報処理学会研究報告,2005-SLP-69,pp.69-74,2005.

小玉智志,田口亮,木村優志,桂田浩一,山田博文,新田恒雄: "制約の理論を用いたInfant Agentによる概念獲得",人工知能学会全国大会,3D3-07,2005.

小玉智志,田口亮,桂田浩一,山田博文,新田恒雄: "Infant Agent に与える効率的概念獲得のための制約に関する検討",情報処理学会,第67回全国大会公演論文集(2),3j-6,pp.99-100, 2005.

小玉智志,田口亮,桂田浩一,岡部正幸,新田恒雄: "オンライン学習によるInfant Agentのための効率的概念獲得", 2004年度人工知能学会全国大会論文集,3F3-03,2004.